免許合宿は短期間で合格できます

自動車運転免許を取得するには自動車学校を卒業する必要があります。通常の昼間や夜間の教習を選択した場合には、1ヶ月から2ヶ月程度の期間がかかります。ごく稀なパターンではありますが、再教習が必要となる場合には、さらに1ヶ月程度の時間がかかる時もあります。それに対して合宿免許のコースを選択した場合には、二週間程度の期間で済む場合がほとんどです。中には通常の教習コースと同じ様に再教習が必要となる場合もあるので二週間では済まない場合もありますが、その場合でも合計した期間が1ヶ月はかからない場合がほとんどです。このように免許合宿のコースを選択すると、通常の教習コースの半分以下もしくは半分近い期間で、中型の自動車の運転免許を取得できるようになります。

集中講義になるので、すぐに覚えられます。

通常の教習コースでは飛び飛びで教習官が運転の方法を教えていく事になります。大学生などで夏休みや冬休みなどに集中して来校する場合はともかく、仕事をしている人などは自動車学校へ来校するのは一週間に一回程度になる場合があります。その為運転の方法を覚えるのはかなり時間がかかる。あります、しかし合宿免許の場合には二週間から一週間程度連続して自動車の運転の教習をしたり、道路交通法などの講義を行います。昼間だけでなく夜間にも教習などを行っているので、夜間の運転技術を学ぶ事が可能となっています。自動車学校にもよりますが、雨の日や雪の日には通常とは全く違いかなり運転しにくくなる事から、雨の日や雪の日を狙って特別な運転技術を学ぶためのカリキュラムを組んでいる場合もあります。

夜間でも教習官に質問ができます

免許合宿の時には教習官もホテルに泊まり込みます。自動車学校にもよりますが、夜間に教習官への質問タイムを設けている場合もあります。道路交通法についての質問をする事もできますし、自動車運転の方法を聞く事もできます。そのため、通常の教習コースよりもかなり早く運転方法や道路交通法についての理解を得る事もできます。免許合宿をクリアしたら、都道府県警察の免許センターが実施する運転免許の最終試験を受ける事になりますが、そちらの最終免許についての質問をする事もできます。そのため通常の教習コースよりも合宿免許のコースを選択していた方が最終試験の合格率も高くなる場合があります。自動車学校によっては独自で模擬試験をしている場合があり、その模擬試験の解説をしてもらえる場合もあります。