免許合宿に向けてどんな準備が必要?

これから免許合宿に参加をしてみようと思ったときには、何が必要になるのでしょうか。当然のことながら授業料などの支払いを済ませているのは大事な要素ではありますが、実際に参加するときには合宿として出かけなくてはいけないので持ち物もたくさんになることがあります。絶対に忘れてはいけないのは、入校をするための書類です。衣服などは忘れたり足りなかったとしても何とかなりますが、書類がなければ入学ができないので中が必要です。申し込みの時に必要書類も案内がありますが、住民票や印鑑、身分証明書、再取得であれば運転免許証も用意しておかないといけません。書類記入のための筆記用具や、もしも視力が悪い場合にはめがねやコンタクトも必要になるので、最低限必要なものは自分でも確認しておきましょう。

書類以外で用意しておきたいもの

免許合宿のために教習所に入校するための書類は必要ですが、それ以外のものは持ち込み可能な範囲で準備をしましょう。基本的には合宿中に生活するために必要なものは何かと考えれば準備しやすいです。衣類などの荷物を入れる用の大き目の鞄と、学科で学ぶ時に教科書等を入れる鞄を用意しておくとよいでしょう。着替えは2~3週間を目安に自分が必要だと感じる分だけ持っていきましょう。女性は特におしゃれも楽しみたいと思っているかもしれませんが、実技で運転をする時にスカートは不可ですし、サンダルやハイヒールなども履いてはいけません。その為、実技用のシンプルな服装もあらかじめ準備しておくとよいでしょう。後はお金もある程度入れておくと困った時にも足りないものを買い足したりできます。

息抜き用など適宜あると便利なもの

免許合宿は一種の旅行感覚で免許取得ができるのですが、その期間をより快適に過ごせるものがあると、勉強で疲れた時にリフレッシュできるのでおすすめです。最近はインターネットが使えるところが多いので、スマートフォンやパソコンなどを持ち込む人もいます。それだけでなく、薬やコンタクト用の洗浄液など、普段使っているものがあるならそちらも準備しておくと安心です。折りたたみの傘やハンガーなども持っていけそうなら鞄の中に入れておくと便利なアイテムです。電化製品を持ち込む時には充電器も忘れないように準備しておかないと使えなくなるので注意しておきましょう。夏なら日焼け止めや虫除けスプレー、冬であればカイロなどのちょっとした暖を取るものがあると便利なので、適宜用意して楽しい合宿期間を過ごして下さい。