免許合宿のメリットを紹介します

免許合宿の利点として短期間で免許取得が出来ることになります。一部の教習所ではホテルと提携をしていることから部屋で集中して予習と復習が出来ます。短期間で免許取得は出来ますが、普通の教習所と同じ様に必要最小限の教習時間が必要になりますし、一定以上の運転技術が認められない場合は補修も行われます。この場合は事前に支払った料金とは別に補習料金が必要になっていますので注意です。また教習所は全国にある訳でもなく、教習所が無い県もあります。観光地に近い場所もありますので旅行気分で免許の取得することも可能になっています。友人同士でしたら合宿料金も安くなりますのでお得感があります。時期によっては合宿料金が安くなることもあるので、大学生の夏休みなどを避けたい場合も対応が出来ます。

教習料金と納入する期限があります。

多くの免許合宿を行っている教習所では事前に教習料金を指定口座に納入する場合が多いので、当日に教習所にて合宿料金を納めることは難しいです。また合宿料金は宿泊先となるホテルなどに必要分は仮にでも支払う必要が出てくるため、教習所に入学する2週間前までに納める必要がありますが、入学日が多くの場合は土曜日になっている場合が多くあるので、正確には半月前の午後3時までが期限がなりますので、この時差に注意することが大切です。なお一部のコンビニエンスストアーでは商品として扱っているのでクレジットカード機能のついたポイントカードを利用することで教習料金を支払うことが出来ます。教習料金はAT車の普通車の場合は20万円前後になりますが、6月や夏休み過ぎの秋シーズンの場合は18万円ぐらいまで教習料金を下げる場合も多いです。

教習内容は普通の教習所と変わりません

免許合宿の利点は短期間で免許の取得することが出来ることにありますが、自動車免許を得る場合は法定の教習時間が設けられているため、合宿中のスケジュールは詰められている事が多いです。また1日に行える教習には制限が設けられており予習や復習は宿泊先で行うことが主になります。なお、教習所で少しでも学科試験に優位にするために入学前に市販の模試学科本を用意しておくと便利になります。入学時に教習所からテキストの配布がある場合は暗記するぐらいの感覚で覚えておくと、学科試験のひっかけ問題にもすぐ気づく場合があります。また県によって学科試験の難度が著しく高く設定されている県もありますので、入学する教習所の県の免許の合格率を調べておくと1つの学科試験の対策になります。