これで安心!のぼり制作会社

Home > のぼりについて > 桃太郎だってのぼりを持っていた

桃太郎だってのぼりを持っていた

 日本には昔から、のぼりと言う棒に布をくっつけただけの単純な形容ですが、宣伝、広告の役割を果たす旗の様な物が存在します。
 子供達にも語り継がれている昔話に出てくる桃太郎の時代から、室町の終わりの戦乱の世とされる戦国時代の武将の国取り合戦の戦いの際も、敵か味方かを区別するために、のぼりを持って戦いに挑んだ位ですから、その歴史は相当古い時代から日本人には受け継がれ、今も尚廃れることなく、宣伝効果に一役買っています。
一見古臭い広告手段ではありますが、例えば何の知識もなく訪れた街などで、ちょっと一休みしたい時、飲食店前にはためくのぼりを見つけると、なぜか安心してしまうし、のぼりを見ては里心の様な気持ちにすらなってしまいます。
古典的でも案外宣伝効果が強い様にも感じます。
オーソドックスだからかもしれません。

 今の時代、インターネットやスマートフォンの普及により、物事をサクサク電子的に調べる事が出来ます。
でも予想外に何の下準備もなく、例えば気の向くままに散策しながらお店を探す時など、看板よりはのぼりの方が、人の目線に近く、視野に入りやすい為、とても便利です。
竿と布さえあれば大丈夫ですし、宣伝事項を変えたければ布の部分のみ交換すれば良いですから、シーズン毎に宣伝文句を変えればずっと使い続ける事が出来ますからコスト的にも抑える事が出来ます。
シーズンが変わると洗えますから、清潔さを保つ事も出来ます。
年中屋外で利用する場合は、抗菌タイプの素材で更なる清潔感を保つ事も出来ます。
旗のサイズ感も、一見同じに見えますが、狭い場所でも適応出来るスリムタイプや、逆にとことん目立つジャンボサイズなど様々です。

 とにかくこちらのお店では、ニーズにあったのぼりを提案してくれます。
形容だって、棒を軸に旗として使用するタイプや、お店の玄関横にひさしの様な役割にもなるバナースタンドタイプなど、色々な形を提案してくれます。
旗に描かれるインパクトのある宣伝画や文字なども、パソコンでお客様が自分でデザインする事も可能ですし、お店の方に要望や要点だけ伝えて頂ければ、オーダーする事も可能です。
でも大体は、ざっくりとデザインしてもらったものにアイデアを提案して、原案はそのままに残しつつ、より魅力的なデザインに仕上げてくれますから、満足度の高いのぼりを完成する事が出来ます。
コスト面でも、納期面でもどこよりも安く、どこよりも早いをモットーにされています。
その点からも是非こちらこがオススメです。

次の記事へ

カテゴリー